【猫の治療費の値段は?】ハナのワクチン接種に行ってきました

----- Sponsored Links -----

先日、ハナの年に一回の予防ワクチン接種に動物病院に行ってきました。
※ハナは動物病院が大っ嫌いで、キャリーケースにいれるのも、連れて行くのも大変で、外出の度に猫共々非常に苦労しています。

施術が終わり、医療費の支払いの際に「猫の治療費の相場」が気になったので、

様々な「猫の病気の治療費」や「病気ごとの費用の平均」について調べてみました。

猫に治療費の相場は?

病気の治療費を払っている猫

愛猫が病気をした時に、「猫の治療費の相場」が気になったことはありませんか?

人と違って、動物の治療費に決まった基準は無いんです。

なんでも、公正取引委員会から独占禁止法違反にあたると指摘を受けてしまい、治療費の規準を設けられなかったそうです。

なので、犬や猫などの動物の治療費は各動物病院の判断に任されるようになったので、動物病院によって値段に差が出来てしまうんですね。

ワクチン接種

ハナのかかりつけ医での予防ワクチン接種のレシート

ハナは三種混合ワクチンと呼ばれる、「猫ウイルス性鼻気管炎」「猫カリシウイルス感染症」「猫汎白血球減少症」の予防ワクチンを年に一回接種しています。

猫の予防ワクチンの中では一番ポピュラーなもので、値段も上記のレシートで分かるようにそれほど高額ではありません。

では、三種混合ワクチンの相場はいくらなのでしょうか、有名猫雑誌を引用して比べてみましょう。

 

愛猫に三種混合ワクチンのみを接種している飼い主さんは全体の82%らしいのですが、

1回のワクチン接種の支払い総額は?

平均 5,222円(回答者数:288人)

”ねこのきもち”から引用

ハナの予防ワクチン費用は、相場とそれほど差がありませんでした。

なんでも、予防ワクチンはなるべく多くの猫が受診できるように動物病院間で値段の調整を行ってるようですし、中には動物病院に来るきっかけになるように「割安」の値段設定をしている動物病院もあるそうです。

去勢・避妊手術

では、飼い猫の多くが受けている去勢・避妊手術ですが、

去勢手術の支払い総額は?

平均 14,448円(回答者数:190人)

避妊手術の支払い総額は?

平均 21,449円(回答者数:180人)

”ねこのきもち”から引用

去勢手術は猫の身体の表面の手術ですが、避妊手術は身体の内部の手術になるので、「技術」も「リスク」も高く、値段に差があるようです。

地域によっては地方自治体の補助が受けられるので、もっと安く手術を受けられることもあるらしいので、調べてみてはいかがでしょうか。

健康診断

病気ではありませんが、近年は愛猫に定期的な健康診断を受けさせている飼い主さんも増えてきているようです。

1回の健康診断の支払い総額は?

平均 7,866円(回答者数:101人)

”ねこのきもち”から引用

しかし、健康診断は値段の幅が広く、安い健康診断なら約2,000円、高額なものなら約12,000円と「受ける検査の種類」や「猫の年齢」「血液検査などのオプション」によって大きく変わる様です。

中には、触診などの簡易的な健康診断を予防ワクチン接種の際などに行ってくれる動物病院もあり、我家の愛猫も予防ワクチンの際に簡易健康診断をしてもらっています。

尿石症

症状:体内に結石や結晶が出来ることで、膀胱や尿道などに障害がおきる病気
※オス猫は重症になる傾向がある

症状によって治療方法が変化し、治療費以外にも入院費が必要になることがあるので、治療総額の差が大きいのですが、

尿石症が治るまでにかかる治療費の総額は?

平均 38,723円

例:入院7日、通院8回で

総額 127,700円

”ねこのきもち”から引用

初期の症状なら数回の通院で治ることも多いようですが、重症になると「入院」や「尿道カテーテル」などの治療が必要になるので、治療総額が高額になる傾向があるようです。

【完全保存版】猫のなりやすい病気ー尿石症の症状・予防・治療法

2016.11.13

膀胱炎

症状:膀胱に細菌が感染して炎症をおこす病気
※頻尿・血尿などの症状がでる

主に抗生物質の注射や投薬により治療するのですが、「炎症の度合い」や「症状」などにより通院回数が変わるようです。

膀胱炎が治るまでにかかる治療費の総額は?

平均 17,141円

例:通院7回で

総額 18,000円(一回約2,500円)

”ねこのきもち”から引用

冬場は猫の泌尿器疾患に注意しようー愛猫に水を飲ませる方法

2016.10.08

結膜炎

症状:目の結膜に炎症がおこる病気
※目ヤニやまぶたが腫れるなどの症状がでる

抗生物質の点眼薬(目薬)などで比較的早く治る病気なので通院回数も少なく、治療費もそれほど高額にはならないようです。

結膜炎が治るまでにかかる治療費の総額は?

平均 3,683円

例:通院2回で

総額 4,620円(一回約2,500円)

”ねこのきもち”から引用

耳ダニ

耳の表面にミミヒゼンダニと呼ばれるダニが寄生する病気
※猫が耳を痒がり、黒い耳アカが出る

専用の薬は、成虫にしか効果が無いので、卵が残ってしまうと通院回数が増えるようです。

耳ダニが治るまでにかかる治療費の総額は?

平均 7,600円

例:通院5回で

総額 14,000円(一回約2,800円)

”ねこのきもち”から引用

猫カゼ

症状:猫ウイルス性鼻気管炎・カリシウイルス感染症・猫クラミジア感染症の相称
くしゃみや鼻水・目ヤニなどのカゼと良く似た症状がでる

抗ウイルス剤であるインターフェロンが高額なため1度の通院費が高額になりがちな病気ですが、「症状」や「病気の進行度」により治療期間に差が出るようです。

猫カゼが治るまでにかかる治療費の総額は?

平均 13,607円

例:通院2回で

総額 13,167円

”ねこのきもち”から引用

【猫の感染症】猫カゼ(猫カリシウイルス感染症・猫ウイルス性鼻気管炎・猫クラミジア感染症)の症状・予防・治療法

2016.12.07

歯石除去

症状:歯に付着する歯石は歯周病の原因となるので、予防のために行う治療

歯石の除去には「全身麻酔」や「抗生物質」などを使うので、医療費が高額になりがちです。

歯石除去の支払い総額は?

平均 19,500円

例:通院1回で

総額 11,340円

”ねこのきもち”から引用

ハナのワクチン接種に行ってきましたーまとめ

動物病院でのワクチン接種が終わりグッタリしたハナ

動物病院でのワクチン接種と診察が終わってグッタリのハナ

あなたは「猫の治療費の相場」を知ってどう思いましたか?

多くの方が「猫の治療費は高額」と感じたのでないでしょうか。

人の治療費には保険制度があるため、実際に支払う治療費は全体の1~3割なのでそれほど高額に感じないのですが、犬や猫などの動物の治療費には保険制度がありません。

なので、ペットの治療費は全額を自己負担しないといけません。

 

実は、以前飼っていて享年20年で亡くなった、愛猫のジュニアが夜中に具合が悪くなったときに夜間救急の動物病院に連れて行ったことがあるんです。

かなり衰弱していたので、点滴と投薬をしてもらい、大事を診て1日入院しました。

なんと、その治療費の総額が約8万円でした・・

 

夜間救急は通常の治療費よりも高いとは思っていましたが、ここまでとは思っていませんでしたのでビックリしました。

しかし、「もしお金のことで躊躇してジュニアが最悪の事態になっていたら」と思うと、一生後悔も残ったでしょうから納得しています。

愛猫の万が一の時のために、ペットの医療保険に加入しておくことも一つの方法かもしれませんね。

愛猫に一大事にそなえて

ハナ
ボク達の治療費って、けっこう高いんだよね~

いざという時のご主人のサイフが心配なんだけど。

チョビ
確かに、ご主人はお金遣いが激しいから心配だよね・・

でも、この前ボク達の保険の資料が届いていたよ。

ハナ
へ~、少しはボク達のこと心配してくれてるんだ。

でも、いっぱい勧誘の電話がかかってくんじゃないの?

チョビ
保険の資料はたくさん届いてたみたいだけど、

「資料届きましたか?」って電話が一度だけあったみたいだよ。

ハナ
意外と少ないんだね。

資料請求は無料だし、たくさんの保険を比べられるなら良いね!

チョビ
これで、突然ボク達に何かあっても安心だね!
ペット保険の一括資料請求【無料】
----- Sponsored Links -----

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です