あなたは何処で愛猫を見つけますか?-理想の猫と出会う7つの方法

----- Sponsored Links -----

理想の猫と出会う方法

猫を飼うための心の準備や決心がついたら、これから一緒に暮らしていく愛猫を見つけなければなりませんね。

あなたは理想の猫と出会う方法をいくつご存知ですか?

実は、理想の猫と出会う方法は以外とたくさんあるんです。

しかし、出会う方法によってはメリットやデメリットがあることもありますので、そのあたりも含めて理想の猫と出会う方法をご紹介していきたいと思います。

猫を飼う前の心構えー猫を迎い入れる準備は出来ていますか?

2016.05.04

ペットショップで購入する

猫と出会う7つの方法ーペットショップで購入する

猫と出会う方法として一番最初に思いつくのが、ペットショップで購入する方法だと思います。

ペットショップの大きなメリットは、たくさんのお店を回ることによって様々な猫をじっくりと見られることです。

他にも、ワクチン接種済であったり、親猫の情報が手に入れやすいと言ったメリットもあります。

それに、血統書付きや純血種の猫と出会うことが出来る数少ない方法のうちの一つです。

しかし、近年の猫ブームのおかげで、全体的な猫の価格は上昇傾向にあります。

ブリダ―から購入する

猫と出会う7つの方法ーブリダ―から購入する

ペットショップ以外で純血種や血統書付きの猫と出会える方法です。

メリットとしては、ブリーダーは一種類の純血種に特化して繁殖していることが多いので、その純血種の特徴や情報を的確に教えてくれることでしょう。

それ以外にも、同じ純血種をペットショップで購入するより比較的安価で購入出来ることがあげられます。

しかし、利益重視や心無いブリーダーも存在しているので、間違った情報を教えられたり、猫の健康状態などに問題があったりすることがあるので注意が必要です。

知人から譲り受ける

猫と出会う7つの方法ー知人から譲り受ける

知人やその紹介で猫を譲り受けるといった方法もあります。

メリットとしては、譲り受ける前までは親猫や兄弟猫と一緒に過ごしているので、母乳による免疫力をしっかり受け取っていますし、兄弟との生活により社会性を学んでいることです。

他にも、猫を譲ってくれた人からのアドバイスやサポートが期待出来るでしょう。

譲渡会で譲り受ける

猫と出会う7つの方法ー譲渡会で譲り受ける

最近は、様々な猫を譲ってくれる譲渡会や里親募集も頻繁に行われるようになりました。

インターネットで検索すれば、実際に猫に出会える場所や飼い主を探している猫の情報を手に入れることが出来ます。

譲渡会によっては猫の出生情報などを教えてくれたり、健康診断やワクチン接種済の猫も増えてきているので、昔に比べて安心して譲り受ける事が出来るようになりました。

たくさんの猫達と出会うことが出来るので、特に猫の種類にこだわらないならおススメです。

保健所や動物センターの譲渡会で引き取る

猫と出会う7つの方法ー保健所や動物センターの譲渡会で引き取る

ご存知ない方も居られるかもしれませんが、保健所や動物センターで猫を引き取ることも出来ます。

10年前よりも半分に減っては来ているのですが、H25年には約10万頭の猫が殺処分を受けています。

驚くことに処分される猫達は、捕獲された野良猫はほとんど居らず、ほとんどが飼いきれなくなった飼い主たちが持ち込んでくる飼い猫なのです。

どんな猫でも、処分されて良い命は一つもないはずです。

 

失われる命を少しでもたくさん救ってあげることが出来ればと思っている方も多いと思います。

もし、あなたがそんな一人なら、保健所や動物センターから引き取るといった方法を猫と出会う選択肢の一つとして選んで下さい。

少し注意が必要なのは、保健所や動物センターの譲渡会に参加するためには以下のような基準がある場合があります。

  • 犬や猫を飼育していないこと
  • 去勢・避妊手術を自己負担で行うこと
  • 住んでいる家がペット可であること
  • 20歳以上60歳以下であること
  • 家族全員が賛同していること
  • 転居・転勤の予定がないこと
  • 経済的・時間的な余裕があること

基準については地域により違いがあるので、参加したい譲渡会の保険所に問い合わせて下さいね。

----- Sponsored Links -----

動物病院で紹介してもらう

猫と出会う7つの方法ー動物病院で紹介してもらう

動物病院でも譲渡会や里親募集の情報が手に入ることがありますし、患者さんの愛猫が出産した子猫を譲ってもらえることもあります。

メリットとしては、譲り受ける猫の健康状態や注意点を獣医さんの目線でアドバイスやサポートをしてもらえることが多いということです。

それに、評判の良い動物病院であれば、「かかりつけ医」を探す手間が省けるかもしれません。

野良・捨て猫を拾う

猫と出会う7つの方法ー野良・捨て猫を拾う

私が小さい頃は猫を飼うといえば、ほとんどが猫を拾うことから始まりました。

昔に比べると減りましたが、今でも母親とはぐれた子猫や捨て猫と出会う機会もあります。

このような猫達は弱っていることも多いので、見つけたら直ぐに保護してあげたいものです。

後で気になって引き戻しても、居なくなっていたり、手遅れになって助からないかもしれません。

 

しかし、注意しないといけない事は、このような猫達はノミや寄生虫、病気などを持っているかもしれません。

すでに猫などのペットを飼っているのなら、直ぐお家に連れて帰らずに、まず動物病院で健康診断等の診察を受けさせてあげて下さい。

そのうえで獣医さんのアドバイスを受けて、今後のスケジュールを決めてあげると良いでしょう。

猫と出会う7つの方法-まとめ

何処で愛猫と出会うか決まりましたか?

7つの愛猫との出会い方を紹介してきましたが、重要なのは一つの方法に固執するのではなく、たくさんの猫達と出会って猫のことを良く知ることだと思います。

これから長い間生活を共にする愛猫を選ぶのですから、猫の健康面や性格などをしっかり理解したうえで答えを出して下さいね。

 

どの方法を選んだとしても、最終的にはあなたが愛猫を見極めなければなりません。

もちろん猫を飼い始めたら、その仔が生涯を全うするまで一緒に過ごしてあげて下さい。

 

近年、世間では「猫ブーム」と言われています。

しかし、ブームという流行りに流されるのではなく、末永く猫と一緒に暮らしていく人々が増えれば良いなと思います。(*’ω’*)

あなたと愛猫の素敵な出会いのために、以下の記事も参考にしていただければ幸いです。

子猫の選び方-愛猫と理想の生活を送るための5つのポイント

2016.05.12

初めて猫を飼うなら必見!-家の中には危険がいっぱい

2016.08.12

我家の愛猫は2匹共捨て猫(はぐれ猫?)でした。

ハナは母猫からはぐれたのか、前に住んでいた部屋のバルコニーの下でうろうろしているところを保護しました。

チョビは大雨の日に母親に置いていかれたのか、ずぶ濡れになってへたりこんでいるところを連合いが保護しました。

これからもこのような出会いがあれば、突然家族が増えてしまうかもしれません。(*’ω’*)

しかし、今では愛猫達との出会いに感謝しています。

 

余談ですが、チョビは拾った頃、獣医さんも間違うような見事なアメリカンショートヘアーの子猫でした。

しかし、チョビを保護した連れ合いは、チョビの母猫は三毛猫だったと言い張っていました。

大人になったチョビですが、身体の模様は子猫の頃と変わらずアメリカンショートヘアー風なのですが、顔は完全なMIX(雑種猫)になりました。(;^ω^)

やっぱり、チョビの母猫は三毛猫だったようです。(*^-^*)

大人になったチョビですが、顔は完全なMIX(雑種猫)になりました。
----- Sponsored Links -----

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です