子猫にワクチンは必要?何時するの?

----- Sponsored Links -----

子猫が健康で長生きするためにワクチンは必要です。

「子猫からワクチンをしないといけないの?」

といったことを良く聞かれます。

 

答えからいいますと、

「子猫の時からワクチンは必要です。」

子猫(ワクチン)

生まれてすぐの子猫は母猫から免疫を譲り受けています。

 

しかし、子猫が大きくなるにつれて、

母親から譲り受けた免疫力は弱くなっていきます。

 

当然、免疫力が弱くなるので、

子猫は病気に感染しやすくなってしまいますよね。

 

そこで、「ワクチン」による予防が必要になるのです。

 

子猫が健康で長生きするためにも、

必ず「ワクチン」を受けさせてあげて下さい。

ワクチンの種類と時期

猫にとって恐ろしい感染症ですが、

  • 猫ウイルス性鼻気管炎
  • 猫カリシウイルス感染症
  • 猫汎白血球減少症
  • 猫白血病ウイルス感染症
  • 猫エイズウイルス感染症

上記の感染症が代表的なものです。

 

「ワクチン」にも種類があり、

一番有名なのが「FVRCP(3種混合ワクチン)」です。

この「FVRCP」は、

感染力が強く死亡率も高い感染症を

一度に複数予防することができます。

 

この他にも、対応している感染症の数により、

3種混合~7種混合までありますが、

何種類のワクチンにするかは、

地域ごとの感染症発生状況や

愛猫のライフスタイルなどを考慮する必要があるので、

お近くの獣医さんなどと良く相談して下さいね。

 

「ワクチン」を受ける時期は

母猫からどのような形で免疫力を譲り受けたかによります。

 

母猫の母乳で育った子猫は

生後3か月位が一般的となりますし、

 

母猫の母乳以外で育った子猫は

生後2か月位が一般的な目安となります。

 

ただ、「ワクチン」を受ける時期は、

子猫の生育状況にも左右されますので、

お近くの獣医さんなどに相談することが重要です。

 

しかし、

この「ワクチン」により出来た免疫力は

一生続くものではありません。

1年毎に受ける必要がありますので注意してあげて下さい。

 

もちろん、
我家のハナとチョビも毎年「ワクチン」を受けています。

病院に行くにはキャリーケースを使います。
チョビは子猫のときにキャリーケースを
ベッドとして使っていたので、
喜んでキャリーケースに入るのですが、

ハナは生後6か月で、
連合いの実家からキャリーケースに入れられて
今のマンションに連れてこられたので、
キャリーケースが大っ嫌いです。

ハナはキャリーケースを見せただけで
ベッドの下などに逃げてしまうので
入れるのがいつも大変です。

ひどいときには、
夫婦2人がかりで
ハナをキャリーケースに入れるのに
30分位かかってしまいます(泣

そのうえ、
ハナも逃げることに必死なので、
手加減してくれません。

ひっかかれてキズだらけになったことも
1度や2度ではありません。

このようなことにならないように、

子猫のうちにキャリーケースに慣れさせることは

非常に大事です。

----- Sponsored Links -----

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です