子猫に歯が生えてからのご飯

----- Sponsored Links -----

歯が生えて来たらご飯を考えましょう


連合いが拾ってきた次の日のチョビです。
すぐに動物病院に連れて行ったのですが、
獣医さんが言うには「お腹の中には花粉しかはいってなかった。」
とのことでした。
我家に連れて帰ってすぐにご飯をあげたら、
 一心不乱で食べていましたねぇ~
親バカですが、
「ウマい! ウマい!」と言っているように聞こえませんか?

このころは天使のような可愛さでした・・・(笑

歯が生えてきたら

子猫はすくすく育っていますか?

生後3~4週間くらいで乳歯が生え始めてきます。

そろそろ離乳食をはじめましょう。

 

子猫用の離乳食はペットショップや動物病院で購入できます。

離乳食は人肌位に温めてあげて下さい。

あまり食べない場合は

離乳食にミルクをかけてあげると効果的ですよ。

 

離乳食の回数は朝夕2回で大丈夫です。

その間にも欲しがるようなら、

栄養補給にミルクをあげて下さい。

 

離乳食の期間は2~3週間くらいが良いようです。

離乳食の時期が終わったら

離乳食の時期がおわったら

つぎは、いよいよ普通のご飯です。

  • 手作りのご飯・・栄養バランスがくずれやすく注意が必要、手間がかかる
  • 缶詰のフード・・開封後の保存に注意が必要、手間がかかりにくい
  • ドライフード・・栄養バランスが良い、手間がかかりにくい

いろいろな選択肢がありますが、

 

おすすめはドライフードです。

手作りのご飯には嗜好性の面で一歩ゆずるかもしれませんが、

手間もかかりませんし、栄養バランスもバッチリです。

それに、

固い食品を食べることは

歯やあごの発達に良いですし

歯への歯石の付着をある程度おさえてくれるようです。

 
なにより、少し高価ではありますが

プレミアムキャットフードと呼ばれるものは、

品質が高く、栄養バランスが非常に優れていまので、

愛猫が長生きするために一役かってくれますよ。

 

<<子猫に長生きしてもらうためのご飯(参考記事)

 子猫(離乳食)

離乳食が終わってすぐにドライフードをあげる場合は

ぬるま湯でドライフードをふやかしてから

スプーンなどでつぶしてあげると食べやすいようです。

食いつきが悪ければ、ミルクを混ぜてあげると良いですよ。

 

常に満腹状態が続くと

下痢をしたり吐いたりすることもありますので。

普通食になっても

ご飯の回数は1日朝夕2回が良いですよ。

徐々に柔らかさを調整して

カリカリの状態であげるようにして下さい。

 

生後3か月から5か月で乳歯が抜け

永久歯に生えかわってきます。

 

我家のチョビが生後4か月位の時に
乳歯の前歯がリビングに落ちていてビックリしたのを覚えています。

----- Sponsored Links -----

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です