尻尾から見抜く子猫の気持ち

----- Sponsored Links -----

子猫の気持ちを尻尾で見抜くコツ

猫は表情以上に、尻尾の動きに感情が現れます。

子猫の気持ちを見抜くコツをご紹介します。

甘えたい時の尻尾の動き

子猫(甘えたい)
甘えたい時や遊んで欲しい時

ご飯いが欲しい時の尻尾の動きです。

  • 尻尾を真上にピンと立てる。
  • 尻尾を立ててプルプルと震わせる。

要求の内容には、個体差があるようです。

あなたの愛猫のパターンを覚えてあげて下さい。

気になる物がある時の尻尾の動き

子猫(気になる)
虫や鳥などの獲物を見つけた時

名前を呼ばれたが動きたく無い時の尻尾の動きです。

  • 座った状態で尻尾を左右に振る。
  • 尻尾の先端を小刻みに動かす。

「気になる」という気持ちを隠しているが、

尻尾に感情が現れていることが多いようです。

イライラしている時の尻尾の動き

子猫(イライラ)
イライラしている時や不機嫌な時の尻尾の動きです。

  • 尻尾を左右に激しく振る。
  • 尻尾を床に何度もたたきつける。

触られたり、抱っこが嫌な時が多いようです。

あまりひつこくすると叩かれたりします。

威嚇している時の尻尾の動き

子猫(威嚇)
獲物などに対して威嚇している時の尻尾の動きです。

  • 尻尾の毛を逆立てて大きくする。
  • 全身の毛を逆立てて体を大きく見せる。

驚いた時に行う仔もいます。

手を出すと攻撃されるかもしれません。

大きな恐怖を感じている時の尻尾の動き

子猫(恐怖)
急に驚いた時や、恐怖を感じる物がいる時の尻尾の動きです。

  • 尻尾を又の間に挟み込む。
  • 毛を逆立てて、からだを震わせる。

からだを小さく見せて、自分は弱い存在だとみとめているようです。

急に近づくと逃げてしまうかもしれません。

のんびりしている時の尻尾の動き

子猫(のんびり)
飼い主になでられている時や心地よい気分の時の尻尾の動きです。

  • 横になって、尻尾を大きくゆっくり振る。
  • 尻尾をゆっくり振りながら近くによって来る。

ゆっくりと甘えさせてあげて下さい。

考えごとをしている場合も同じような行動をとるようです。

 

上記が、代表的な猫の尻尾での感情表現です。

目は口ほどにものを言う」という言葉もありますが、猫の場合は表情以上に尻尾で感情を表現しているようです。

愛猫の尻尾の動きを観察するのも面白いですよ。

 

----- Sponsored Links -----

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です