表情から見抜く子猫の気持ち

----- Sponsored Links -----

子猫の気持ちを表情から見抜くコツ

猫は一見無表情のようですが、目や耳、ひげなどに感情が現れます。

子猫の気持ちを見抜くコツをご紹介します。

満足・リラックスの表情

子猫(リラックス)
安全な環境でのんびりしている状態です。

  • 耳がピンと立ち、前を向いている。
  • 目に力が入っておらず、楕円形。
  • ヒゲは自然に垂れている。

眠たそうなら、邪魔はしないほうが良いです。

甘えたそうなら、優しく抱いてあげて下さい。

興味津々の表情

子猫(興味津々)
珍しい物や興味のある物を見つけた状態です。

  • 耳がピンと立っている。
  • 目を見開いている。
  • ヒゲがピンと立っている。

情報などを集めることに必死なので、

そっと見守ってあげて下さい。

さびしい表情

子猫(さびしい)
甘えたい時や寂しい気持ちの表情です。

  • 耳が少し前に垂れ下がっている。
  • 目に力が無く、うつろ。
  • ヒゲが少し垂れ下がっている。

撫でたり、遊んであげると効果的です。

甘えさせてあげて下さい。

おびえの表情

子猫(おびえ)
得体のしれないものを見つけたり、

自分より強いものを見つけたときの状態です。

  • 耳を横向きにして、伏せる。
  • 瞳孔が大きくなり、困った感じの目
  • ヒゲが下に垂れ下がっている。

まずは、見守ってあげて下さい。

下手に手を出すと、パニックになる場合もあります。

怒りの表情

子猫(怒り)
怒って、向かって行こうとする状態です。

  • 耳はピンと立っています
  • 瞳孔を大きくし、目を見開いています。
  • ヒゲをピンと立て、前に向けます。
  • 口を大きく開け、キバをむきます。

手を出すと攻撃してくることが多いので、

落ち着くまで待って下さい。

 

上記が、子猫の代表的な表情です。

 

もちろん個体差がありますので、あなたの愛猫の表情をつぶさに観察してみて下さい。

慣れてくると、子猫の気持ちが手に取るように分かるようになりますよ。

 

子猫の気持ちが分かるようになれば、子猫との距離がどんどん縮まりますよ。

----- Sponsored Links -----

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です