子猫を保護した日のお話ー我家の末っ子チョビとの出会い

----- Sponsored Links -----

子猫ひらってもうた~

子猫ひらってもうた~

2012年6月某日、帰宅すると・・

第一声は「おかえり~」ではありませんでした。

 

なんと!

「子猫ひらってもうた~」でした。(笑

 

家の中に入ってみると、リビングの真ん中で子猫がうずくまっているんです。
(写真は元気になってからのもので、最初はフラフラで今にも死にそうでした。)

 

連合いに話を聞くと・・

その日は大雨だったのですが、仕事に行く時にずぶ濡れの母猫と4匹の子猫を見かけたらしいのです。

そして、4時間程たってから同じ場所を通りかかると、子猫が1匹だけ取り残されていたと言うのです。

 

ずぶ濡れで弱りきった子猫を見つけて、居ても立っても居られなくなり連れて帰ってきたと言う事でした。

 

しかし、我家には気難しい先住猫のハナがいたんです。

案の定、ハナは子猫をみてかなり興奮している様でした。

 

しかし、瀕死の子猫を放っておく事なんて出来間ません。

なので、家族会議をする事になりました。

 

家族会議の結果は・・

ハナはものすごく気難し屋なので、多頭飼いは難しいと判断し「元気になったら里子に出す」という結論になりました。

 

そんなこんなで、8年ぶりに子猫育てが始まったのです。

チョビのお話の続きは、下のリンクから移動出来ます。

保護した子猫のお世話の話-拾った日のチョビの様子は・・

2016.06.02
----- Sponsored Links -----

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です