子猫を人見知りにさせないコツ(ハナが見本です)

----- Sponsored Links -----

人が好きな子猫になって欲しい

あなたのお家にお友達が来たとき

「お友達にすり寄って行く猫」と

「威嚇して逃げてしまう猫」

のどちらになって欲しいですか?

もちろん、答えは決まってますよね。

子猫(人見知り)

「わぁ!人なつっこくて、かわいい!」

と言ってもらった方が嬉しいですよね。

 

猫の人見知りは室内飼いの猫の方がひどいようですが、

猫もかしこいので

その人が自分に危害を与えないと分かれば、

最初にうちは警戒するものの

警戒心よりも好奇心が勝ち

そのうち近寄ってきます。

 

しかし、

猫にもトラウマが出来ることがあります。

「ご主人が変わったり」「人に襲われて怖い思いをした」

そんな猫は、それまで人好きだった場合でも

その事件が元で、

すごい人嫌いになることがあります。

 

私は我家の愛猫で、そんな事件を目の当たりにしました。

我家で起こったハナの大事件

現在、我家のハナはものすごく人嫌いです。

インターホンが鳴っただけでも、
ものすごい勢いでベッドの下に駆け込みます。
お客さんがくると
男性の場合は、「一目散で逃げてしまいます。」
女性や子供の場合は「威嚇しながら近づき、攻撃しようとします。」

実は、そんなハナも連合いの実家にいる6か月間は
お客さんが来たら喜んで近寄ってきて、
一緒に遊ぶような猫でした。

事件は今のマンションに来てから起きました。
引越し祝いで友人が来たときのことです、
友人の子供が子猫のハナを
引っ張ったり」「追っかけたり」していました。
「まあ、子供のすることだし大丈夫だろう」と特に注意はしませんでした。

なんと、その日以来
ハナはものすごく人嫌いになってしまいました。
ハナにとっては、ものすごく怖い思いをしたんでしょうね。

 

我家のハナを教訓にして

あなたの子猫が、他の人と触れ合うときは

あなたがしっかり見守ってあげて下さい。

あなたの子猫を守ってあげるのは、あなただけです。

 

私の経験上

子猫時代のトラウマは、ちょっとやそっとで消えません。

 

何度も言いますが、

あなたの子猫を守ってあげるのは、あなただけです。

 

コツでもなんでもないのかもしれませんが・・

ハナの事件は悪い見本です。

私は、ハナの事件は今でも後悔しています(泣

 

あなたがしっかり子猫をまもってあげれば、

そんなことにはなりませんよ。

 

普通は、

警戒心の強い猫でも、いつも来る人には

何度か会っているうちに心を開いて、

自然と慣れてくるものです。

 

我家のチョビはものすごく人が好きで
我家の「営業部長」としてがんばってくれます。
まあ、ハナの事件を教訓にして、
チョビの時は細心の注意をはらいましたからね(笑

・・って、ハナにとっては笑えないでしょうけどね。

----- Sponsored Links -----

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です