だっこを嫌がらない子猫にするコツ

----- Sponsored Links -----

だっこ好きの子猫になって欲しい!

 
「我家の子猫はだっこが好きで」って

言ってみたくないですか?

子猫をだっこした時に

子猫が嬉しそうな顔をしたら・・

そんな事を望まない飼い主はいないですよね。

 子猫(抱っこ)

でも、猫はマイペースな生き物です。

だっこされたい時は自分からすり寄ってきますが、

イヤな時はだっこしても、プイッとすぐどっかに行ってしまいますよね。

 

でも注意して下さい。

そんな嫌がっている猫を無理やりだっこし続けると

だっこが大嫌いな猫になってしまいますよ。

 

あなたの子猫を「だっこ好き」にするコツですが、

 

猫がすり寄ってきた時は、

無視をせず、

やさしくだっこして名前を呼びかけ、話しかけながら、

背中や頭、顎や鼻の周りをやさしく撫でてあげましょう。

 

すると、親猫に甘えている気分になるのでしょうか

気持ち良さそうに目を細めます。

 

子猫のうちからこうすれば

人にさわられたり、だっこされたりすることを嫌いにならなくなります。

 

コツは「無理強いしないこと」と「無視をしないこと」です。

※これはかなり重要です。 
 「しつけ」すべてに言えますが、
 出来るだけ小さいうちから教えることが大事です。
 大人の猫になってから教えることは、ほんとうに大変です。
 やっぱり、だっこ好きな猫になって欲しいですものね。

我家のチョビはだっこ好きで、
私たち夫婦が外出から帰ってくると
「膝にのせろ」「だっこしろ」とせがんできます。

でもハナは・・
連合いの実家にいた時はだっこが平気だったのですが、
今のマンションに越してきてからは
抱っこ嫌いになってしまいました。

でも、たまに膝に乗せろといってきます。
そんな時は無視をせず、
気がすむまで膝に乗せるようにしています。

ハナもだっこ好きにもどって欲しいものです。

----- Sponsored Links -----

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です